2017年度 研勢塾合宿1日目

こんにちは。川村義之です。

研勢塾の合宿1日目のようすを、ご紹介します。

1講座目のテーマは、正中線と、浮き身です。

はじめに、一番大事な基礎として、お互いに正中線を出して、その精度をチェックしました。

合宿1日目

次に、向かい合い、両腕を前に伸ばして、相手の両手に、自分の両手を乗せます。

ここから、正中線を保ったまま、真っ直ぐその場に、座り込んでいきます。

相手の両手を押したり引いたりせずに、相手を腰砕けにして、座り込ませることができました。

続いては、相手に前から両手をつかまれ、前進できないように、押さえられます。

正中線を保ち、頭から前に出たり、前にある足に体重移動したりせずに、歩き出します。

相手を押さずに、ただ歩き出すだけで、踏ん張る相手を、後退させることができました。

「やっぱり、相手を変えて練習すると、全然違いますね!」

ここからは、浮き身の練習に入りました。

相手に両手を下からつかまれ、押さえられます。

股関節まわりから脱力して、しゃがみ込んでいくだけで、相手の体勢を、下に崩すことができました。

合宿1日目

このときの、股関節まわりからの脱力を使い、足裏から荷重を抜いて、浮き身になります。

跳ばず、両足同時に滑らせて、スタンスを、左右に開くことができました。

合宿1日目

相手に両手をつかまれたところから、浮き身になり、スタンスを左右に開きます。

浮き身になり、スタンスを開くだけで、相手を腰砕けにして、しゃがませることができました。

同じ、股関節まわりからの脱力を使い、浮き身になっている間に、正中線を、180°後ろ向きに、回します。

跳ばず、両足同時に滑らせて、その場で、180°真後ろ向きに、ターンすることができました。

相手に両手をつかまれ、押さえられたところから、浮き身になり、わずかに10°ほど、ターンします。

浮き身になり、10°ターンするだけで、踏ん張って耐える相手を、横に投げ飛ばすことができました。

「浮き身ばっかり、こんなに練習したこと、なかったんで、よかったです!」

2講座目のテーマは、空手形のナイハンチです。

ナイハンチを、競技とは全く異なる、武術的な身体操作で、練習しました。

最初に、肩幅に開いた八字立ちから、足の親指をくっつけた、閉足立ちになります。

浮き身を使って、両足同時に滑らせて、閉足立ちになることができました。

続く、右への横歩きでは、左足を右に踏み出すのに、左脚を、右脚の前を横切らせないようにします。

普通はそうしますが、それでは、左足を真横に踏み出せず、右足より、やや前に踏み出してしまいます。

体幹を螺旋状に動かして、丹田の力で、左足を右足の真横に踏み出して、右に、横歩きをすることができました。

相手に、右から、両手で肩を押さえられます。

合宿1日目

脚力で踏み出さず、体幹の螺旋の動きを使い、相手を後退させながら、右に横歩きをすることができました。

右横歩きから、腕力に頼らず、自動的に、右手刀受け、左肘打ち、左下段払い、右鉤突きまで、出せるようにします。

骨格の連動、筋肉の伸長反射を使って、自動的に、右手刀受け、左肘打ち、左下段払い、右鉤突きを出すことができました。

この4つの技を、全て、相手に両手で押さえられたところから、腕力を使わないようにして、やってみました。

右手刀受け、左肘打ち、左下段払い、右鉤突きの全てで、両手で押さえる相手を、吹っ飛ばすことができました。

「いや~、楽しいですね!」

自分よりできる人、できない人を見ることで、上達の秘訣を、会得することができます。

さまざまなタイプの受講生と練習することで、達人技の再現性を、高めることができます。

相乗効果で、それまでできなかったことが、その場でできるようになるんですね。

>>合宿2日目はこちら