2018年度 研勢塾合宿1日目

こんにちは。川村義之です。

相手を変えて、練習することで、再現性と対応力を、磨くことができます。

仲間から刺激を受けることで、自分の上達を、早くすることができます。

10月27、28日に開催した、合宿の1日目の様子を、ご紹介します。

今回も、空手、テコンドー、ボクシング、合気道、護身術、中国武術、ダンス、テニス、鍼灸など、幅広いジャンルのみなさんが、参加されました。

受講生同士、2人組で、2時間ごとに相手を変え、切磋琢磨していきました。

正中線を出して立ち、お互いに、ちゃんとできているか、チェックし合います。

2018合宿1日目

前方に差し出した両手を、向かい合った相手に、両手で、下から押さえられます。

正中線を、垂直に保ったまましゃがむと、相手を、しゃがみ込ませることができました。

合気道における、力に頼らず、相手にぶつからない崩し技を、実現することができます。

2018合宿1日目

2018合宿1日目

正中線を、垂直に保ったまま、下半身を脱力し、体幹を、横にスライドさせます。

両手をつかみ、押さえる相手を、相手のほうから動いたかのように、横に移動させることができました。

合気道はもちろん、剣道の鍔迫り合いでも、相手を崩して、優位に立つのに使うことができます。

2018合宿1日目

2018合宿1日目

正中線を保って移動すると、相手に、正面から押さえられていても、止まることなく、前進することができます。

前進できないよう、手加減なしで、押さえてくる相手を、やすやすと後退させ、前進することができました。

自分より、筋力や体重に勝る相手に、押され負けせず、相手を圧倒することができるようになります。

2018合宿1日目

他にも、正中線を保ったまま、下半身の脱力によって、後ろに振り向くというのも、やってみました。

向かい合って立ち、こちらの両手をつかみ、踏ん張って耐える相手を、自分の後ろにまで、振り回すことができました。

こうして、正中線を保って、力に頼らず動くことで、力任せではできないことが、次々にできるようになりました。

浮き身も、たっぷりと時間をとって、練習しました。

浮き身を使って、足裏にかかる荷重を抜くと、足裏と床との、摩擦抵抗を、減らすことができます。

滑りにくい、武道場の床でも、跳ばずに、両足同時に滑らせて、スタンスを、左右に開くことができました。

居着きをなくし、相手につかまらず、打たれず、斬られない、足捌きを、可能にしてくれます。

2018合宿1日目

今年も、空手の形(かた)である、ナイハンチに、取り組みました。

昨年の合宿で、取り上げて以来、研勢塾では、ナイハンチは、合気道家のかたにも、よい練習として、好まれています。

研勢塾のやり方なら、ナイハンチで、合気道の技を、より強力に、磨き上げることができるからです。

空手も、合気道も、元々は、剣術から生まれたものなので、ナイハンチで、合気道を、上達させることができるんですね。

ナイハンチの序盤、右真横への横歩きでは、ちゃんとできると、相手に、右横から、両手で押さえられていても、止まらずに、歩くことができます。
2
2018合宿1日目

脚力に頼らず、脱力することで進むのに、押さえてくる相手を、後退させることができました。
3
2018合宿1日目

浮き身の感覚を、導入することで、頭を動かさないで、波返しを行うことができました。

反対側の脚を起こさず、内側に傾けたまま、片足を、跳ね上げることができたんですね。

本部朝基が言うように、波返しは、蹴りの練習なので、軸足を作らず、いきなり蹴ることができるということです。

ナイハンチにある、突きなどの技も、体の使い方を変えることで、筋力でやるより、強くすることができます。

手刀受け、鉤突きなどで、両手で押さえてくる相手を、振り回し、吹っ飛ばすことができました。

2018合宿1日目

2018合宿1日目

筋力で、力任せにやっても、両手で押さえられていては、思うように動けなくなるのが、普通ですね。

こうして、実際にできているか、確認しながら、練習することで、全員が、短時間のうちに、上達することができました。

2018合宿1日目

講座のあとは、食事をして、懇親会を催しましたが、研勢塾の合宿では、懇親会は、ただの飲み会には、なりません。

2018合宿1日目

昨年も、そうでしたが、今年も、たくさんの質問と、実演を交えた回答とで、大いに盛り上がりましたよ。

「最初は、緊張していましたが、周りのみなさんに助けられて、うまくできました!」

「すっごく、楽しかったです!」

「○○さん(参加者の1人)、凄いですね!達人ですね!」

「充実の内容ですね!」

「他の人に、試せるのがいいですね!」

他では、なかなか出会えない、達人の道を行く仲間と、高め合うことができます。

さまざまなタイプの相手に、自分が身につけたことを、試すことができます。

ここでしか、共有できない思いを、同じ道を行く仲間と、分かち合うことができるんですね。

>>合宿2日目はこちら