研勢塾は、剣道五段のあなたに、お薦めです。

こんにちは。川村義之です。

研勢塾は、剣道五段のあなたに、お薦めです。

剣道五段のかたであれば、七段、八段の先生がたから、高度な理合については、教わっているでしょう。

しかし、それを現実に実行するのは、難しいことと思います。

研勢塾で、お教えしていることは、五段以上のあなたにこそ、活かしていただける内容です。

画像の説明

高段者の先生から教わる理合を、実際にできるようになるための体の使い方を、お伝えしています。

事実、研勢塾に通われている剣道家のかたは、五段のかたが中心です。

剣道五段のみなさんの、講座の様子をご覧ください。(ブログ記事にリンクしています)

受講されたかたからは、このような声をいただいています。

「これと同じことを、八段の先生に言われたことがあります。できませんでしたが…」

「川村先生にお会いして、今まで、色々な先生に言われたことが、つながってきました!」

剣道五段のかたが、入門講座を受講されると、次のようなことができるようになります。

・先の先や、後の先の再現性を、高めることができます。

正中線を出すための姿勢と、先を使いこなすための要訣を、知ることができます。

相手のスピードや、トリッキーな戦法に惑わされずに、先手を獲ることができます。

打ち気に逸らず、相手をよく見てから、虚を衝いて攻めることができます。

・剣を振りかぶって振り下ろす、一連の動きの、速さと鋭さを増すことができます。

関節を素早く動かすための体の使い方を、身につけることができます。

予備動作なく、素早く振りかぶることができて、隙のない打ち込みができます。

・打突の威力を、格段に強くすることができます。

肩甲骨の位置を適正にして、斬り手を保つことで、力の伝達効率を高めることができます。

打突の威力で、技を受けた相手の体勢を、崩すことができます。

実際に、入門講座を受講された剣道五段のかたから、このような感想をいただきました。

昨日はご指導ありがとうございます。

まずは、昨日の感想を率直に申し上げます。

・今までやってはいけないと思っていたことを逆にやると上手く崩せたり、早く動けたりすることに驚いた。

・緊張からの力の解放、力がこもっているから抜いてやることでとんでもないパワー・スピードが出るという意識の変化で本当にそういう動きができることにびっくりした。

・先の先、後の先を体感できたことに感激した。

剣道での後の先はあくまでも結果で、常時先の先でなければならないと高段者の先生はおっしゃるが、後の先は本当に待っている気持ちでいいことが分かったことは革命的だった。

教えていただいたことを意識して本日、稽古をしました。

結果は、効果覿面でした。

入門講座のみ受講であるのにもかかわらず、ご教示いただいたことを素直にやってみたら自分が主導権をとって相手と立ち会っていました。

全体的に、今までほとんどかなわなかった六段の方や、トリッキーな間合いや動きで思うようなところで打ってこない相手に対しても対の先・後の先で対処できたのだと思います。

「振りかぶって振り下ろす一連の速さと鋭さが急に増した。
それで、今日の稽古では初太刀の面をお前に取られた。
また、相手のことをしっかり見ててがまんができていた。
俺が打とうとしたり、動いたところで後の先的に反応して鋭く打ってきたな。相手をよく見てる証拠だ。」

と、七段の先生に言われたときは、

川村先生に教えてもらったことはホンモノだと心の中で叫んだほどです。

粗いですが自分なりの正中線を意識するだけでも驚異的な効果を実感でき、正式に初級コース一回目から、ご指導いただきたいと心底思っております。

いづれにしても、剣道の稽古回数ではなく、体の使い方を意識して日々稽古していき、少しでも早く、正中線、浮き身、ムチミができるようになりたいと思います。

それが達人級の剣士になる本来の道なのかと考えております。

いかがですか?

六段の昇段審査を受ける予定のかた、

達人級の剣士を目指しているかたは、

研勢塾を、受講してみませんか?

受講のご案内