何年も武道に打ち込んできたかたなら、このような疑問があるのではないでしょうか?

このままで本当に達人になれるだろうか。

そんな疑問が解消し、達人の体の使い方が実際にできるようになります。

川村義之

年齢とともに若い頃のように動けなくなってきたと感じるかたも、若い頃よりもラクに速く動けるようになります。

鍛えても筋肉がつかない体質のために体重差に悔しい思いをしているかたも、体重差を覆して、技がどんどん極まるようになります。

実際に受講された皆さんの声をお聞きください。

● 衝撃の体験でした(古流武術・S様)

とにかく、衝撃でした。

此方が攻撃しようとすると抑えられる。攻撃しようと思っただけで、抑えられる。

当たったと思ったら後ろや、横に回られている。あっと言う間に間合いを詰められる。

さらには、0距離からのパンチ、かなりの手加減されているのでしょうが、頭蓋が大きくゆさぶられる、衝撃が胸に弾けるように伝わる。

衝撃の体験でした。

ところが、姿勢の大事さ、理屈、改善点、先の先から後の先のやり方を教えて頂くと、かなりの程度、この達人技が、自分でも出来てしまう。

武道で悩み、全く改善の方向性も見出せないままだったのが、 もしかしたら達人技といわれるものでもきちんと指導されると普通の人間、いや、物覚えの悪い私でもでも出来るものなのかも知れないと思わせる指導能力、お人柄。

本当にもっと早く知っていればと。。。

今後も何卒、ご指導下さい。

● 感想は驚きの一言です!(柔道・H様)

感想は驚きの一言です!

やることなすこと理解が及びませんでした。

面白すぎて笑いが止まらなかったです。本当にすごかったです。

ずっと気になっていた、立ち方、歩き方、ムチミの基礎、先の先の感覚などなど常識が変わることをたくさん教えて頂きました。

教え方も大変分かりやすく、楽しみながら上手に教えて頂きました。

今日教わったこれらのことを日常的に意識していきたいと思います。

● 深くてワクワクする3時間でした(少林寺拳法・T様)

攻防の中での具体的な使い方から入り、武道の言葉に落としていただき、普段使っている言葉の意味を知る、深くてワクワクする3時間でした。

正しい立ち方、正中線、体幹から動く、摺り足、後の先(せん)、脇を閉める、胸を張る、臍下丹田に力を溜める、脱力、相手の中心を崩す。

何度も聞いてはいたけど出来なかったもの、出来たつもりでいたことについて、実はこういうことだったのかと理解が深まり、次の練習が楽しみになりました。

このように、長年の疑問が解消され、達人への道を歩みはじめたかたが、たくさんいらっしゃいます。

他にも、多くの喜びの声をいただいています。

● 武医同術のイメージが飛躍的に明確になりました(柔道整復師・Y様)

すべてが予想以上で、笑っちゃうしかない感じでしたね。

人間ってこんなことができるんだ、とうれしくなりました。

特に印象に残っているのは「先の先」です。

まさか自分にできるとは思いませんでした。

もともと人間に備わっている能力なんですね。

軽々しく「武医同術」なんて言ってしまいましたが、今までは漠然としたものでした。

でも、今回受講させていただいて武医同術のイメージが飛躍的に明確になりました。

一つは、「先の先」に代表されるように正しい身体の使い方によって、埋もれていた「感性」も発揮できるようになること。

もう一つは、先生にお話しいただいた相手の弱点が分かれば壊すこともできるし、逆に治すこともできるということです。

観念的になりかねない「武医同術」ですが、具体的な現象として実現可能なんだということを学びました。

● 即座にその技が出来てしまうのが驚きです(空手・N様)

昨日は、ご指導ありがとうございました。

なんと感想を申し上げたらよいのか言葉が見つかりません。

たくさんの技を的確なご指導をいただくと即座にその技が出来てしまうのが驚きです。

たくさんの情報が私の体を通り過ぎていきましたが、さっそく立ち方、正中線を意識してサンチンの稽古を始ましたところ、昨日までとは全く違う感触を得られました。

2回行うのが精いっぱいで、これが形なんだと実感しました。

● 久しぶりにワクワクする時間を過ごす事が出来ました。(合気道・I様)

一番印象に残ったのは、腕立て状態からの合氣上げとゼロ距離パンチです。

自分は合氣道を習っていますが、あそこまで体重を掛けられた状態で練習する事は無いので、川村さんに呆気なく持ち上げられてしまった時は意味が分かりませんでした。

その後やり方を教えて頂き、自分の完成度の低い姿勢でも出来てしまったので(残念ながら腕立て状態とまではいきませんでしたが)、

もっと洗練されたら凄い事になるなあと思いました。

ゼロ距離パンチはほぼノーモーションで予想外の衝撃がきたのでビックリです。

確かに実際に体験してみないと納得出来ない世界ですね。

姿勢に関しては耳が肩の上に来ると言うことは知識としては知っていたのですが、実際にパフォーマンスの違いを自分で体験してみて、改めて重要性に気付かされたと同時に改善のモチベーションが上がりました。

身体の可能性を追究するのは、楽しいですね。

久しぶりにワクワクする時間を過ごす事が出来ました。

● 惜しみなく教えていただけてしまうのかと思うとワクワクします!(中国武術・O様)

あれから、正中線をだす基本姿勢、歩き方等々を意識しながら日常生活を送るようになりました。

基本姿勢をとると相手を崩す事が出来るとは驚きでした。

本当に力はいらないし、力と力がぶつからない。

しかも、自分が出来るとは!すごいです。

それを惜しみなく教えてしまう川村先生もすごいです!

一番驚いたのは、あの足捌きですね!完全なる浮身!

これから2回目、3回目と受講すれば、それすらも惜しみなく教えていただけてしまうのかと思うとワクワクします!

● ここに突破口があると確信しました(古流武術・S様)

三時間の長さをまったく感じさせない内容の濃さでした。 

なかでも、先生が私の胸に拳を付けただけなのに、その位置からものすごい衝撃が押し寄せてきたのは驚きました。

ただ触れているだけで相手を倒すことが出来るのですから、人間の体というのは不思議です。

また、先生と向かい合って私が手を上げようとイメージをしただけなのに、先生に腕を押さえられてしまったのにも驚きました。

「起こりを見せるな」とはよく言われることですが、見せる以前にすでに読まれているのです。

これが心眼というものなのでしょうか。

驚かされることはまだまだ続き、圧倒されっぱなしの三時間でした。

私は400年以上続く総合武術流派の門下で、主に居合と剣術を学んでいますが形が求める体の動かし方がとても難しく、ひたすら練習するだけで本当に体得できるのだろうかと日頃疑問に感じていました。

いろいろと調べるうちに古武術は能の動きと深く関係しているらしいことまではわかりました。

とはいえ、能は気軽に始められるものでなく、今の私には時間的にも金銭的にも習うのは無理です。

古武術の基礎となる身体操法はどうしたら身に付くのか?

果たしてふだんの居合の練習だけで解決するのか?

それとも何か別のことを新たに習い始めた方がいいのか?

考えあぐねている中で見つけたのが研勢塾のブログでした。

過去の記事を思いつくままに読むうちに、ここに突破口があると確信しました。

もうひとつ、ブログのタイトルにもうたわれている「故障しない」も私が必要としている事でした。

居合では膝や手を傷めた人の話をよく聞きます。

私も時折右手首のあたりが痛くなる時があります。

今のところ大事になるような故障やケガは起きていませんが、先の事はわかりません。

現代とは違って武術が戦場で生き残るための技術として考えられていた時代に、武術を会得した者は今と同じようにケガや故障を抱えていたのでしょうか?

やはり有事に即応できる体になっていたのだと思います。

今まで常識とされていたことを疑って、身体の使い方を根本から見直すことですから、できることから少しずつ始めて日頃の練習に結び付けていこうと思います。

今回教えて頂いた、正座からの立ち上がり方や立礼の仕方、うなじを伸ばして正中線を感覚的に掴む方法は家でも練習するようにしています。

● 川村先生と出会えて本当に良かったです(中国武術・F様)

先生の指導は武術の秘伝、奥義をアッサリと教えて頂きその場でやれてしまいます。

それだけでも満足なのですがさらに、それより発展出来る練習法まで教えて頂きました。

川村先生と出会えて本当に良かったです。

これから長いお付き合いになると思いますがよろしくお願い致します。

先生の指導は従来の概念を超えた新しくて楽しい!

でも精密に計算された素晴らしい内容だと思いました。

● 浮き身が出来るようになりました(合気道・M様)

川村先生はいつもそのときの私に必要なことを的確にアドバイス下さり、目から鱗が落ちる経験を何度もさせて頂いております、ありがとうございます。

講座を受けているとき、全くわからなかった浮き身が未熟ながらも突然出来るようになりました。

それから、Vラインの脱力、正中線を出す感覚、ムチミの感覚、重心先行の感覚がわかってきたように思います。

肩も脱力が以前よりも出来てきているようで、川村先生からも初めのころよりも肩が下がってきた(最初はかなりいかり肩だったそうです)といって頂けるようになりました。

今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。


「1つ1つ根拠を明らかにしてもらえるのでわかりやすい(I様)」

「武道そのものについての理解がどんどん深まる(S様)」

「色々な達人の先生がたの動きの仕組みを教えてもらえる(A様)」

「体に無理をかけなくなるので、コンディションがよくなってきた(T様)」

「先生(川村)が常に進化し続けているので、毎回新しいことを教えてもらえる(N様)」

「開祖の真意がようやくわかった(S様)」

「脱力の技、力に頼らない技というのが具体的にわかってきた(M様)」

「画期的というより革命。次元が違う(N様)」

「肩の力が抜けて、肩の位置が下がってきた(Y様)」

「プチ達人くらいを目指すつもりが、本気で達人を目指そうという気になった(I様)」

「道場で学ぶのとの相乗効果で仲間に“1つ上の次元に行ったね”と言われた(T様)」


長年、武道・武術に打ち込んで来たかた、指導者クラスのかたでも、さらにブラッシュアップされ、動きの次元が変わります。

筋力に頼らない体の使い方が身につくので、体への負担が減り、故障も少なくなります。

膝の痛みからも解放されます。

次は、あなたが体験してください。

何十年も修行しないとできないと思っていた技ができるようになる。それを体験してみませんか?

受講のご案内はこちらです